銀歯のデメリットとメタルフリー治療

 歯科治療で広く使用されている銀歯ですが、実はさまざまなデメリットがあることを知っていますか?

銀歯は見た目が悪いだけではなく、歯ぐきを黒ずませたり、金属アレルギーを引き起こしたりする危険性があります。

金属アレルギーは、少しずつ銀歯から溶け出した金属イオンが歯ぐきに沈着したり、体内に取り込まれたりすることで引き起こされます。

また、銀歯はセラミックよりも適合が悪いため、時間が経過すると隙間が生じる可能性があります。

この隙間に虫歯ができ、二次虫歯になりやすいというデメリットがあります。

治療後のリスクや健康面から考えてもセラミックには大きなメリットがあるのです。

当医院でのセラミックによる治療は、光学印象(トリオス3)を使用しますので、不快感が少なく、適合の良いセラミックの被せものや、詰め物を作ることが可能です。