お知らせ

2019/09/28 20:16

光学印象(トリオス3)導入

印象採得(歯の型取り)をデジタル化する口腔内スキャナー「トリオス3」を導入しました。

従来の歯医者さんでの型取りは粘土のような柔らかい物を練って口の中で固めていました。このトリオス3は光学印象といって直接口の中で写真を撮り、3Dデータとしてデジタル化します。

口の中にに入れている時間も短く、高速で簡単に、高精度の型取りができ、より正確な被せ物が作れます。

このデータを元に歯の被せ物(セラミックやCADCAMクラウン)や詰め物(セラミックインレー)、マウスピース矯正にも応用できます。

これまでの型取りが苦手な方は、お気軽にお声をかけてください。IMG_20190928_201250_483.jpg